■プロフィール
  井上 雅彦
   
■所属
  現在  鳥取大学大学院医学系研究科 臨床心理学講座 教授
  2007年度まで 兵庫教育大学大学院 臨床・健康教育学系 准教授

■専門分野
  応用行動分析学 臨床心理学 障害児心理学 

■資格
  公認心理師
  臨床心理士
  専門行動療法士

  自閉症スペクトラム支援士(エキスパート)
 
■学会活動・社会活動など
  主な所属学会と委員
  日本自閉症スペクトラム学会 常任理事・学会誌編集委員長 
  日本発達障害学会 評議員
  日本認知・行動療法学会 評議員

  日本行動分析学会 編集委員
  
  日本特殊教育学会 
  日本発達心理学会  
  日本心理臨床学会
  日本児童青年精神医学会
  日本小児精神神経学会
  日本小児神経学会
  日本LD学会
  The Association for Behavior Analysis International
  
  主な社会活動
  日本発達障害ネットワーク 理事
  日本自閉症協会 理事
  日本ペアレント・メンター研究会 理事

  同志社大学・実証に基づく心理・社会的トリートメント研究センター嘱託研究員

 

  非常勤講師(現)

  慶應大学大学院社会学研究科

  九州大学

  日本大学大学院総合社会情報研究科

  横浜国立大学

  非常勤講師(過去)
  東京大学

  東北大学
  富山大学大学

  京都教育大学

  

■学生のみなさんへ
不登校やいじめ非行、虐待を受けた子どもの中に、発達障害がベースにある子どもが存在しています。しかし、現在これらの子どもたちについての理解や対応は十分であるといえません。

障害をベースに持っている子どもたちの行動に対するアセスメントや知識が十分でない場合、子どもの本質的な理解や受容は不十分なものになり、周囲の人や親に対して間違ったアドバイスを与えることにもなってしまいます。また、これらの障害に基づく二次的な不適応状態は、幼少期からの早期対応とフォローアップ、家庭や地域との連携が適切になされていれば、かなりの部分で予防可能であると考えています。

青年期以降、発達障害のある人の精神疾患の併存症として、気分障害や不安障害の罹患リスクが問題となっています。これらの問題に対して環境調整を含めた認知行動療法などによる治療方法を開発しています。

心理臨床といえば、面接室の中のカウンセリングという伝統的なイメージがありますが、これらの人々の生活全体にわたる支援を考えた場合、プレイルームや面接室の中だけの心理臨床では限界があります。本人、保護者、教師、同僚やクラスメイト、、きょうだい、地域の人々などアプローチの対象や方向も多様性が要求されます。発達障害のある人の心理臨床のプロであるためには、カウンセリングの知識や技術はもちろん、発達心理学、障害児教育学、障害に対する医学的知識、地域福祉に関する知識、コンサルテーションの技術など幅広い守備範囲が必要です。 

また心理臨床家は、治すだけではなく、多様性を包含する社会をいかに創るかを考えていく必要があります。「障害」というのは仮説構成概念であり、実態があるものではありません。障害に限らず環境との相互作用の中で生まれる困難に対して、個人の行動を変容を求めることには限界もありますし、それが必ずしも個人と環境に価値を生み出すとは限りません。心理臨床家として、社会つまり環境設定の変更をクライアントとともに考えていくこと、望ましい環境設定をともに実現していくという視点が求められると思うのです。

応用行動分析学(Applied Behavior Analysis:ABA)は、個人と環境の相互作用として「行動」を捉え、問題の解決を個人のみに求めるのではなく、環境とのインタラクションの中で改善しようとする応用科学です。いわゆる伝統的な「心理臨床」からはかなり逸脱しているかもしれません。私は既存の領域からの逸脱に磨きをかけながら、応用行動分析学という思考ツールを用いて、発達障害をはじめとした支援についてみなさんと考えていけたらと思っています。

■研究室の位置
 アレスコ棟の奥の突き当たり臨床心理相談センターの手前です。事前にメールでのアポをお願いいたします。